热门推荐: 欢迎来到酿美文学网

第五节 胜利如此突然与美妙的广播声

大光头小和尚 | 发布时间:2020-10-18 15:25:15 | 阅读次数:22116

绍。”  在华莱士得鼓动下,惹得大家春心四动,都嚷嚷要去宣泄一下。“据传要准备好打日本本岛了,咱赶快改办啥办啥,别死了但是个处男,那可幸亏啊!”杰克自从去了一次便一发不可收拾。再后来总是会用这么一番话来耐心劝导欧阳及时行乐,欧阳总是会笑着沉默不语,心说道“那个腿啊,是真他妈的白就是有点粗。”。...

  没有枪林弹雨,没有炮火纷飞,这让欧阳感到如此的惬意。他的战友们则是及时行乐,该喝酒的喝酒,每晚必然喝得酩酊大醉,回到营内则是鸡飞狗跳。该泡妞的泡妞,据说二排的华莱士用剩下的食物换了好几夜日本小妞的细致服侍,每次回来必然给营内得各位处男讲解一番。

  “那个腿啊,是真他妈的白就是有点粗。”

  “这个皮肤够嫩,感觉都要捏出水来了!”

  “累死我了,昨天来了次双fei,还是队姐妹花,大家想去我给你们介绍。”

  在华莱士得鼓动下,惹得大家春心四动,都吵吵要去发泄一下。“据说要准备打日本本岛了,咱赶紧改办啥办啥,别死了还是个处男,那可多亏啊!”杰克自从去了一次便一发不可收拾。后来总是用这么一番话来劝导欧阳及时行乐,欧阳总是笑着不语,心想道:“嘿嘿,打个P啊,过几天一个原子弹小日本就蹦跶不起来啦。到时候日本本岛的美女随便挑,在这鸟不拉屎的地方有啥好玩意啊。”

  尽管欧阳每次都拒绝,但是心里还是有些忍不住,以前跟女朋友有过经验。但是日本妞只是看过却还是没尝过的,难道现在还在坚持只可远观而不可亵玩焉????

  心里蠢蠢欲动啊!!!!

  欧阳在心里算计着:“原子弹啥时候爆炸啊,我就等着这一天呢,早炸早完事。”

  1945年8月6日上午九点十四分十七秒,那架装载着原子弹的美机上的视准仪对准了广岛一座桥的正中时,自动装置被打开了。60秒种后,原子弹从打开的舱门落入空中。这时飞机作了一个155°的转弯,俯冲下来;一瞬间,飞行高度下降了300多米。这样做是为了尽量远离爆炸地点。45秒种后,原子弹在离地600米空中爆炸,立即发出令人眼花目眩的强烈的白色闪光,广岛市中心上空随即发生震耳欲聋的大爆炸。顷刻之间,城市突然卷起巨大的蘑菇状烟云,接着便竖起几百根火柱,广岛市马上沦为焦热的火海。

  霎时间广岛如同人间地狱一般。此时的欧阳正在抱着昨晚杰克介绍给她的日本小MM正在睡大觉呢,手还不住的乱摸起来。小妞白白得皮肤与他被晒得成棕色得皮肤看上去就像面包上抹了巧克力。

  “爽!爽!宝贝,咱再来一次。”欧阳醒来便对旁边的小妞说道,顺势去拨开她得双腿。小妞也很配合得劈开,夹住他的腰部。顿时,屋内春guang无限………….

  “清晨无限好,锻炼加享受。”*之声从屋内传来。

  该来的总会来的,直到8月15号之前欧阳也没了解到原子弹爆炸的消息。“可能上面封锁了消息了吧。”欧阳在心里肯定得对自己说。

  “*,那该死的广播咋还没响呢,没有它我现在都睡不着了。”

  这是从广播中传出日文。“他妈的,大清早听什么日语啊,除非那个狗日的天皇要投降,还必须得从我胯下钻过去。”凯特又开始吹牛了。

  “嗤嗤……….”一阵集合哨声响起,所有人立刻穿衣跑出去集合了。连长站在队伍面前,快速的说;“现在注意,广播中正是日本天皇宣布投降诏书,赶紧听一会我再说。”

  杰克呆呆得转过头,张了张嘴巴对凯特说:“F….U…..C……K….你你你他妈妈妈还真说中了!!!”凯特只是呆呆的看了他一眼,继续听着。

  “私(昭和天皇)は、深く世界情势と日本国の现状とを考虑して、非常の措置によって事态を収拾しようと考えて、ここに、忠良なあなた方日本国民に诉える。私は、日本国政府に、アメリカ、イギリス、中国、ソ连に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受诺する旨を通告させた。日本国民の平和と安宁をはかり、世界との共栄を喜びとすることは、代々の天皇の遗范であって、私も常々心にとどめてきたことである。先に、アメリカとイギリスの2か国に対して宣戦したのは、ただ日本国の存続とアジアの安定とを愿ったためであり、ポツダム宣言に书かれているような他国の主権を排除して领土を侵すというようなことは、もとより私の考えていたことではない。しかしながら、戦争がすでに4年を経过した今、わが国の陆海军の将兵の勇戦、多数の官吏のの励精、一亿国民の奉公、いずれもが最善をつくしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転せず、世界情势は我々にとって有利ではなく、さらに敌は新たに残虐な爆弾を使用して、何の罪もない市民を频繁に杀伤し、惨害がおよんだところはまことに测リ知れないほどになった。これ以上戦争を継続しようとすれば、ついには、我が民族の灭亡を招くのみならず、ひいては人类の文明までも破壊されるだろう。そのようになったら、亿兆もの赤子とも言うべき日本国民の命をあずかっている私は、どのようにして代々の天皇に谢罪すればよいだろうか。これが、わたし日本国政府に対し共同宣言に応じるようにさせた理由である。私は、日本国とともに、终始アジアの帝国列强からの解放に协力してきた诸国に対し、遗憾の意を表さざるを得ない。日本国国民で戦场で戦死しした军人、职场で殉职しした官吏、戦火にたおれた市民やその遗族に想いをめぐらすと、わが身が引き裂かれるほどであり、また、戦伤を负い、灾祸をこうむり、职を失った人々の再起については、私が深く心配している所である。思えば、今后、日本国が受けるであろう苦难は、非常に大変なものである。あなた方国民の降伏に対する无念も、私はよく理解している。しかし、私は、事态の趋势に従い、堪えがたいことを堪え、忍びがたいことを忍んで、将来のために平和への道を选んだのである。私はここに、国体を护持することができて、忠良なあなた方国民の忠诚を信頼し、常にあなた方国民とともにある。もし激情のおもむくままに无用の混乱を引き起こしたり、あるいは同胞に対して分裂して争うなどして时局を乱し、そのために大道を误り、信用を世界に失うようなことは、私が最も强く戒めることであり、国民皆が子孙にいたるまでも神州(日本)の不灭を固く信じ、个々に课せられた责任の重さと今后の长い道のりを自覚し、総力を将来の建设に倾け、道义を重んじ志操をかたくし、必ず国体の精华を発扬し、世界の発展におくれることのないよう努めるべきである。あなた方国民は以上のような私の意思を理解し従ってほしい。”外面的广播大喇叭播放着,如果在以前是没人会认真的听,除非带着思乡感情音乐让战友们感到离家是那么的遥远。马克总是在寂静无人的夜里独自起床去营地不远处得沙滩。这还是欧阳又一次呗马克吵醒之后偷偷得跟了出去。他看到马克矗立在那两块高高的礁石上,眺望着远方,背影是如此的寂寥,欧阳知道他在看着大洋彼岸,想想现在他的亲人,以及刚会走路的儿子。马克前几天收到了家中的来信,信中还附带了一张他儿子的照片,小孩刚会走路,骑在一辆小小的三轮车上努力的向镜头挥手。那天晚上马克哭了,发疯似的向营地中每个人展示他帅气儿子的照片。为此还被营长罚了三天禁闭,只是连长在第二天就偷偷的把他放了出来。

  “其实营长是嫉妒我!”马克如是说。

  欧阳那天头一次没有答话,“别人都有家,我的家在哪里啊?”他开始想家了,想念父亲母亲,想念那些哥们姐们,想念他虽然不是很漂亮但是很可爱的女朋友。

  欧阳认真得听着收音机中所说的没一句话,努力的记住他们。因为他知道这是历史的一天,全世界人民都会记住这一天。今天是个新纪元得开始!

小提示:按 回车[Enter]键 返回书目,按 ←键 返回上一页, 按 →键 进入下一页。